馬券力をアップ! 馬券の効率の良い買い方 (単勝、複勝、馬連、馬単、枠連、ワイド)

お世話になってます!馬券的中率アップの会、川名です。

今回は各馬券種について「会長流、効率の良い馬券の買い方」を紹介したいと思います。

競馬というものは難しいもので、予想が完璧でも馬券の買い方一つ

勝ったりもしますし負けたりもします。

会長
予想力と馬券力がないと競馬で勝つ事は困難になります。
副会長
予想が出来ても負けるってJRAさんズルくない?
会長
あ、ズルいとかそんな話ではないので。
副会長
あぁぁ。。。

この記事は予想に自信があるも馬券の買い方で行き詰まってる方や、

勝負レースに対して馬券の買い方が決まってない方、

自分に合った馬券の買い方を見つけたい方にお役に立つ内容です。

会長
それでは三連系以外の馬券種の解説をしていきます。

 

単勝

 

競馬の基本となる単勝馬券です。単純に1着になる馬を当てる馬券。

ただ、この馬券での買い方は一番人気の馬を買わない】事がポイントになってきます。

 

その理由としては、一番人気の馬を単勝で購入しても期待値が見込めない為です。

平均的な一番人気の単勝オッズは2.0倍〜2.9倍です。

一番人気について記事を書いていますが、平均的な一番人気の勝率は32%です。

という事は約70%は一番人気以外の馬が勝ち馬になります。

 

これを踏まえて冷静に考えれば単勝での戦略は徐々に見えてきますね。

一番人気について興味があれば下記の過去記事を見てみてください☆

 

 

くれぐれも一点で単勝を的中させようなんて思わない方が良いと個人的には考えており、

オッズの低い一番人気が10回に3回しか勝てないのなら、

オッズの良い馬を3〜4頭程選び、的中出来たら同じ払い戻しが出るように

資金分配をして購入した方が的中率と期待値は良いでしょう。

会長
それでは初心者向けの馬の絞り方を紹介します。

 

人気、オッズから見て馬の絞る範囲

 

単勝を狙うレースをまとめます☆

一番人気の馬が過剰人気だと確信した時や追い込み脚質、

一番人気が若手騎手の時が狙うレースとして効果的です。

そして午後のレースがオススメです。

単勝馬券の購入する範囲

オッズは6倍〜13倍

3番人気〜7番人気

逃げ、先行馬

この範囲で3〜4頭を資金分配で購入

会長
合わせて馬連や馬単をフォーメーションで購入すると

的中時に大幅な回収率が見込めます。

そして一番人気の馬が連続して1着になる確率は10%程と言われております。

これを覚えておくとレースも絞れてくるので必ず覚えておきましょう☆

一番人気が勝ち馬になったレースの次のレースは

確率的に他の馬を選びやすいという選択肢が生まれますね。

単勝馬券にこだわって競馬をやっていくと

少ない軍資金でも勝ちやすいと個人的には思っております。

 

複勝

 

複勝馬券は選んだ一頭が3着以内入着で的中する馬券です。

出走馬が7頭以内のレースでは2着以内入着で的中です。

メリットは的中のレンジが広い分、当たりやすい。

デメリットは的中しやすい分、払い戻しが低いです。

基本的には複勝は一点買いにしたほうが良いと思っています。

会長
何点も複勝を購入したらそりゃ払い戻しが追いつかないですもんね
副会長
そっ、そうだよね!
会長
。。。

 

こちらも一番人気を狙うのはあまりオススメしません。

一番人気というのは競馬を初めてやる方もたくさん購入します。

予想の仕方が分からない為、「とりあえず一番人気を買っておけ」みたいなことが多いのです。

なので目に見えているオッズよりもずっと過剰人気しているのです。

もちろん信頼出来る一番人気であれば狙うのもいいでしょう。

それではどんな馬を狙っていけば良いかを会長なりに書いていきます。

 

馬券内に入る馬ではなく勝ちきれる馬を狙う気持ちで買う

 

はい、正直勝ちきれる馬を狙う気持ちではないとなかなか当たらないのが競馬です。

競馬は「本当に絶対はありません。」

時間をかけて予想をし、確勝級と信じた馬が馬券外に飛ぶなんてことはよくあります。

なので3着以内に入れば的中ですが、勝つ馬を狙う気持ちで複勝を買うようにしてください。

気持ちから入るのも大事だったりするもんです。

 

さて、どんな馬を狙っていけば良いか?

 

予想の方法はいろんな考え方があり過ぎて正直文章での説明がなかなかつきづらいです。

なので、自分なりにまだ予想法が確率出来ていない方や

これから複勝で多額購入で堅実に稼いでいきたいと志す

初心者の方向けに書きたいと思います。

 

自信のないレース、スタートの悪い馬は絶対に買わない

 

はい、まさにタイトル通りです。自信のないレースは何故か的中率が落ちます。

そんなレースは絶対に購入しないでください。

競馬は逃げませんので次のレースや自信のあるレースまで我慢してください!

 

そしてスタートの悪い馬です。

出遅れグセのある馬は取りこぼしが非常に多いです。

そのような馬は追い込み馬が多いです。

臆病で馬群を嫌う傾向が強いので勝ちきれない能力馬になります。

自信のないレーススタートの悪い馬は買わないでください。

 

複勝オッズ最低値 1.6倍〜2.3倍の馬で勝負していきましょう

 

複勝で勝負していくのであれば、的中率はメチャメチャ大事です。

一点買いした時、外れたら終わりです。まず当てる事です。

とはいえ、1.1倍〜1.4倍の複勝を狙ってもリスクが高いです。

それにレース結果のほとんどが1.6倍〜2.3倍の複勝オッズの馬は存在します。

もっと簡単に言うと2番人気〜5番人気の馬ですね。

 

前走勝ち馬からタイム差0.4秒以内の馬

 

個人的に重要視しているのが競馬の馬柱に書かれている勝ち馬との着差です。

馬柱の見方がわからない方は下記のバナーから解説記事を見てください。

 

 

前走勝ち馬との差が0.4秒差までであれば

能力的には勝ち馬と差のない競馬が出来ていると言っても良いでしょう。

あとはレース展開、騎手でカバーが出来てしまう範囲内です。

前走着差0.4秒差までの馬を注目するようにしていきましょう。

前前走勝利しており、前走0.4秒差であれば狙い目です。

ではまとめます。

 

複勝馬券のポイント

自信のないレースは絶対に買わない

出遅れ癖のある馬は買わない

1.6倍〜2.3倍の複勝オッズの馬(2〜5番人気馬)

前走着差0.4秒差までの馬。

もしくは前前走勝利しており、前走0.4秒差であれば狙い目。

 

馬連

 

さぁ、馬連馬券の解説をしていきたいと思います。

馬連は個人的には競馬の基本の一つです。

選んだ馬番号の組み合わせが両馬2着以内に入れば的中です。

着順は関係ありません。

馬連のオッズを検証していくと、オッズ変動の流れでそのレースが

荒れるのか堅いのかも予想出来てしまう程、個人的にはレースにおいて重要視する馬券種です。

初心者でもわかりやすく万馬券も狙えるので極めれば非常に効果的です。

それでは馬連で安定の的中率と回収率を意識した効果的な買い方を説明していきます。

 

狙うオッズは10倍〜30倍がベスト

 

馬連の平均オッズは6000円(60倍)にいかないくらいです。

ただ、10万馬券なども含めての数字なので鵜呑みにしてはいけません。

良く目にする払戻金は1000〜3000円程だと思います。

基本的な馬連ターゲットは10〜30倍にしていきましょう。

そして予想がなかなか立てられない方は確率で絞っていくのも一つの作戦かと思います。

そこをお話ししていきましょう。

 

7割の確率で1、2番人気のどちらかは連対する

 

そうなんです。

7割の確率で1番人気、2番人気のどちらかの馬は連対します。(2着以内)

この条件を頭に入れておけば単純に馬連の的中率は上がります。

徹底的に1、2番人気の馬を検証して自分の中でGoサインが出れば

フォーメーションで2頭軸にします。

相手は4番人気から8番人気までの馬を買います。

この方法は軸馬以外は予想は関係ありません。

会長

注意点は1、2番人気の組み合わせは買わないようにしましょう。

1、2番人気の決着はわずか15%に満たないしオッズ的にもトリガミになるのでリスクが高いです。

 

これが馬連の戦略の一つです。

決めた軸馬が1、2番人気でそれ以上わからなくなった時に思い出してみてください。

単純にこの買い方で勝負するのも十分アリです。

このやり方はリアルタイムで競馬をした時のみ効果的です。

なるべくギリギリの時間で購入してください。

結構美味しい馬券にありつけるので楽しいですよ☆

 

馬単

 

馬単馬券の解説です。

選んだ馬番号の組み合わせが両馬2着以内に入り、且つ着順通りになれば的中です。

絶対という言葉がない競馬なので的中するにも難易度が高くなります。

その分、オッズが高く払い戻しが見込めます。

三連単を買う前に馬単をマスターしておかないといけません。

戦略的にもいろいろ考えられるので競馬のベテランさん向けです。

 

なるべく1頭軸は避ける

 

はい、ここは馬券的中率アップの会です。

的中なければ回収もないのは言葉の通りです。

その心得から解説をしていきます。

競馬でのゴール前では展開の関係で運の要素も十分あります。

あの最強のディープインパクトさえ有馬記念でハーツクライに敗れたり、

オルフェーブルだって単勝オッズ1.3倍でしたが天皇賞春で

11着にもなるくらいで本当に競馬は絶対はありません。

出来れば馬単は2〜3頭軸に相手を5頭程にして勝負していきましょう。

的中出来れば利益は確保出来ますので堅実にいってください。

 

差し、追い込み馬は軸にしない

 

競馬はどうしても逃げ、先行馬が有利です。

差し、追込みの脚質は展開に左右されます。

副会長
レース展開がスローペースの場合、

能力馬が直線で追い込んで伸びたとしてもペースを落とした逃げ馬は

道中でペースを落としながら逃げる為、余力があります。

逃げ馬も直線でスパートをかけて伸びてくるんですねぇ。

その為、能力馬の追い込みが間に合わないという展開が多く見られます。

ハープスターが良い例ですね。

なので展開次第で左右されやすい馬での単勝や馬単はリスクが高いです。

馬単においての軸馬は逃げ、先行馬にしていきましょう。

会長
くっくっくww

言うねぇ。

でもその通りですね☆

 

単勝、馬単の組み合わせ

 

自信のある勝負レースを見つけた時の回収率を上げる組み合わせを紹介します。

それは同系統の馬券を購入することです。

単勝と馬単、馬単と三連単

複勝とワイド、ワイドと三連複

単純に単勝が当たれば馬単も相手だけ選べばいいですね。

自信のある複勝買うならワイドも購入して回収率を少しでも上げるだったり

資金がある方は三連系にも繋げていくと一度的中出来てしまえば十分です。

ここぞという勝負で一気に回収率を上げる買い方になります。

予想がまだ確立出来ていない方はこの記事の上記にある単勝の買い方を参照にしてください。

そこからまずは単勝+馬単で回収率を上げていきましょう。

 

枠連

 

全出走馬を8つのグループに分けたものを【枠】と呼び、

それを番号で表したものを【枠番】と言います。

選んだ枠番号の組み合わせが両馬2着以内に入れば的中です。

馬番との区別が最初つきづらいかもしれません。

1枠〜8枠までありまして、単純に馬連と違って買い目が少ないので

人気はありませんが素敵な馬券だと思っています。

私自身、枠連を多用しており的中率も高いし考えて購入すれば十分利益が出るので

私が現在最も得意としている馬券です。

 

多頭数の時こそ枠連が生きる

 

枠連は8頭立てのようなものです。

出走頭数によって枠内の頭数が変化し17頭、18頭立てのレースなら

枠番の中に3頭も馬が入ります。

下記のバナーに枠番の早見表を載せておくので見てみてください。

 

 

何度も言いますが「競馬には絶対はありません。」

人気薄の馬も謎な2着になったりします。

なので多頭数のレースでフルゲートの場合は

7、8枠から購入した方が確立的には有利なのは間違いありません。

それに12頭立てであれば1枠〜4枠までは1頭、5枠から2頭ずつ馬が入りますので

外枠が有利な競馬場のダート戦であれば的中率はグンと上がります。

そういったレースを見つけ枠連で流したり、枠連BOXで6、7、8で購入すると効果的です。

その日の結果を見ていけば今は芝とダートでどこの枠が好走傾向なのかというのは確認出来ます。

傾向をじっくり見て枠番を軸にする事が大事です。

 

伝えたいポイント
枠連では三連単や馬単みたいに万馬券という爆発力はないですが、

少点数で購入出来、的中率が非常に高く払い戻しは10倍〜20倍程が多いです。

回収率だけで考えると、点数多く購入する三連系とどちらがリスクなく勝負できるか?

計算してみたら違う角度で新しい発見があるでしょう。

三連単40点購入で15000円の払い戻しなのか

枠連で4点で1600円の払い戻しなのか

本気で競馬で勝っていきたい方はそういった事を惜しまず検証します。

副会長
リスクアセスメントを行い徹底したリスクマネジメントですな!
会長
たまたま知ってる言葉言っただけだろ。
副会長
。。。。

 

ワイド

最後にワイド馬券の解説をしていきます。

ワイドとは、選んだ馬番号の組み合わせが両馬3着以内に入れば的中です。

ワイドはダブル的中、トリプル的中というものがあり非常に効果的な馬券です。

人気薄の能力馬を予想出来た場合にワイドで入れておくと美味しい的中にありつけたりもします。

下記の枠内にダブル的中、トリプル的中の的中例を載せてるので

ワイド馬券を知らない方は参考にしてください。

 

ワイドのダブル、トリプル的中の解説
【例】

ワイド流し

5→1、2、3、8、9

上記の馬券を購入し、結果が下記のように決着した場合。

1着 5番

2着 8番

3着 9番

→1、2、3、

このように5番軸から2着が8番、3着が9番で

ワイドは選んだ馬番号の組み合わせが両馬3着以内で的中なので

5−8、5−9という事で二つ的中出来ることになります。

これがダブル的中。

トリプル的中だと下記のようにフォーメーション2頭軸の場合です。

フォーメーションは競馬場では赤色のマークシートです。

→1、2、3、5、8、

軸が5番、8番。相手は9番と軸馬も相手に入れているので

5−8、5−9、8−9の3つの結果になりトリプル的中。

 

会長
これだけで人気薄の馬が絡んでいれば、馬連の配当を軽く上まる事もあります。

基本的に中穴を絡める買い方が良いでしょう。

 

狙いは中穴の馬を5〜6頭

 

ワイドは的中しやすい分、払い戻しも少ないです。

本命馬券をワイドで購入していたら

トリガミ(購入点数よりも少ない払い戻し)になってしまいますし、

回収率を維持するにはそれこそ1〜2点で的中させないと難しいです。

そのようなリスクはワイド馬券では個人的には必要ないと思っていますので、

軸馬から相手にするのは中穴を数頭選んでいく事が良いと思います。

約2回に1回は単勝オッズ20倍を超える馬が馬券に絡んできますので

単勝人気であれば4〜9番人気の馬を入れておけば良いでしょう。

一番人気の単勝オッズが4倍以上であれば馬券外になりやすいので

一番人気外しでワイドを使い勝負するのは効果的です。

 

 

馬連&ワイドの組み合わせ

 

会長
ここで一つの馬券戦略を書いてみます。

馬連とワイドのコラボ馬券です。

参考になれば是非活用してみてください。

 

まず、馬連で軸馬に対して相手は5~6頭にして購入します。

そしてワイドBOXで軸馬以外の馬を買い目にします。(縦目)

競馬場でしたら赤色のマークシートです。

もちろん全てのレースではやりません。

紐(軸に対しての相手馬)が荒れそうなレースを判断してからこの方法で買います。

後半の9R~だったり、荒れやすい芝の短距離レースはおすすめです。

馬連&ワイドの例

【例】軸1頭の場合(馬番1番が軸)

馬連

1→2、3、4、5、6

ワイドBOX

2、3、4、5、6

 

【例】軸2頭の場合(馬番1番、2番が軸)

馬連

1、2→1、2、3、4、5、6、7

ワイドBOX

3、4、5、6、7

 

レース後半はたいてい紐荒れがありますのですごく効果的です。

馬連、ワイドのダブル的中もありますし、

軸馬が外れてもワイドのトリプル的中が待っています。

ワイドの効果的な威力がわかると思います☆

 

終わりに

 

競馬では予想も重要ですし馬券の買い方も同じくらい重要です。

どちらかが欠けているともちろん勝つ事は出来ません。

一発穴馬を狙い続けるのも良いですが、むやみに狙うのではなく

レース選びを考えた上で狙っていく事が大事ですし、

尚且つ当たりやすい馬券でも回収は十分期待出来ます。

なるべく的中しやすい馬券を選び着実に的中から回収へ繋げていく事が重要と思っています。

 

これまで解説してきた馬券の買い方を参考に実践してみてください!

 

このサイトに辿り着いてくれた皆さんの健闘を祈ります!

 

ABOUTこの記事をかいた人

☆馬券的中率アップの会です☆ このブログに辿り着いてくださりありがとうございます☆ このブログは競馬力を上げつつ、儲けたい方向けです。 そして常に的中率重視!です。 「回収率100%以上にするためにぃ!!」なんていう方もいますが それは的中あっての話です。 配当は後からついて来るというだけの話と会長の私は思います。 推奨の際にこのコースは相手に外枠を狙った方がいいとか、 ダイワメジャー産駒が激走するコースなので 相手に入れた方がいいとか、 スローペース濃厚なので逃げ馬で攻めるように☆ などの事を推奨馬を選んだ簡単な理由と一緒に 限定記事では書いてます。 競馬の初心者の方には当たる喜びを維持しつつ、 限定記事の競馬知識をつけていく事で 更なるステップを自分で勝ち取っていくスタンスです。 馬券的中率アップの会を是非とも宜しくお願いします!!!